【時短】1秒!靴下を洗濯ハンガーから早くたたむ方法!面倒くさがりの主婦が考えた最終結果こうなった!

 f:id:wdheistiegn:20190716130628j:plain

「靴下」の右と左を探す!

まず、これが「めんどくさい!」

洗濯すると「右」「左」がバラバラになる。

初めから「まとめ」ておける商品があったような気もするが、とにかく「めんどくさい」!

「あ~このマークのは・・・あった!」

「ん~この色はこの色とよく似ている・・・」

靴下の「右」と「左」を「探す」。

これを、やめたかった!

そこで思いついたのが、もうこれしかない。

全部!同じ靴下を買う!!!!!

そうです。もう!全部同じ靴下にすれば探さなくてもいいんじゃない?だって同じだから。

っという、どうも怠け者思考が全面にでてきました。笑

(もちろん、服のコーディネイトによってオシャレしたい場合の靴下は別途用意するが、普段の靴下は全部同じ靴下にした。)

今回、実践した事
  1. 全部同じ靴下にする。
  2. (1人の)靴下だけをまとめて洗濯機で洗う。
  3. 2個ずつセットで干す(どれをセットしても可←ココが楽
  4. 洗濯ばさみを外した瞬間2つ折りにする!(ココが1足1秒
  5. (すでにたためているため)そのまま靴下ボックスへ

終わり。

なくなった作業はこの2点!
  1. 「右」「左」同じものを探す(干す時、又はたたむ時)
  2. 洗濯物を全部とりこんでからたたむ工程という2段工程

基本的に、靴下と服とは別々に洗濯しています。

で、この方法をするには、1人だけの靴下をまとめて洗濯機で洗うという事です。

家族がいる場合は、それぞれサイズが違うと思います。サイズが違うと「探す」という過程がでてくるので「1人」だけの「靴下」をまとめて洗濯します。

今、この記事を書いていて気が付きましたが、

「あ、そういえば・・・」

「全部同じ靴下なんだったら、たたまなくてもいいんだ・・・。」

たたまずに靴下ボックス(収納)に入れて、履くときにランダムにとって履いても大丈夫ですね。

でも、今の所たたんでます。

理由は、(洗濯ハンガー)洗濯バサミを外した瞬間二つ折りにするだけなので(1秒)、たたむのは「苦」にならないからです。「苦」にならないのであれば「たたんでいる」方がキレイ。

洗濯ハンガーから1足1秒でたためる仕組みとは?

1秒でたためる仕組み

片手で洗濯バサミを外す、もう片手は靴下の上下半分の位置で持っていて、洗濯バサミが外れるとそのまま折り曲がる(二つ折り)という仕組みです。

今の所、普通の洗濯ハンガーを使っていますが、世の中にはとっても便利な洗濯ハンガーがありまして、いろいろ探しています。

1つ1つ洗濯バサミを手で外さなくても、ひっぱるだけで洗濯物がとれる洗濯ハンガーが何種類か発売されていて「コレはストレスが軽減されるゾ!」と思った物もありました。

引っ張るだけで簡単な洗濯ハンガー検索

楽天市場: 「洗濯ハンガー 引っ張る」検索

Amazon: 「洗濯ハンガー 引っ張る」検索

「洗濯ハンガー 引っ張る」で検索すると、様々な引っ張るだけの洗濯ハンガーが出てきます。

仕組みも様々なので、洗濯物が傷みにくいものを見つけてみて下さい。

注意点

この「全部、同じ靴下にする」注意点としては、いっきに同じ靴下を購入して、買いかえる時(生地が薄くなってきた・やぶれたなど)は、全部いっきに買い変えた方がよいという事。

例えば、買ったばかりの靴下と、すでに何回も使用した靴下だと生地の傷み具合や色味が変わってくるので、理想は全部同じサイクルで買いかえたいですね。

楽をするためには、別の部分で気を付けないといけない事もでてきたり、どの楽を1番に優先したいのか?は、人それぞれだと思いますので自分の1番楽になりたい事を理解しておきたいものですね。

私の場合は洗濯に関して言えば、1番「靴下の左右を探す」事の苦から逃れたかったので、今回「靴下を同じにする」で解決しました。

最後に

私が「苦」になっていたのは、左右の靴下を「探す」!この「探す時間」でした。

なので「全部同じ靴下にする」という事で解決しました。

(仕事など同じ靴下でも可能な環境な場合に限りますが・・・。)

「洗濯ハンガーから1足1秒でたたみながら取り込こむ」も同時に実践した所、かなり楽になりました。

ささいな事なんですけどね・・・。

他人からすれば「そんな事で?」と思うような事でも、自分にとったら苦になる事ってありますもの・・・。

それは、「ただ1回だけすればよい」ではない事と、生活するためには他の事と同時にこなしていかないといけないという事。

その中で、小さい事であっても自分がストレスに感じている事は何か?また、苦手分野を上手にできるようにする工夫考えなくてもよい物事への時短アイデアなど、なにかと忙しい日々ですが、たまには足を止めて体をいたわってあげる仕組み作りを考えないとなあと思っています。

私は主婦でありながらも、家事全般に関して上手にできていない方だと思っているので、それを自分で考えて上手にこなせている主婦の方は本当にスゴイと思います。

最後までお読みくださりありがとうございました。