「キャップがなくならない!」蛍光ペンを買いました。片手で便利ちょっと感動!ノック式ハンディラインS

f:id:kakudookaeru:20190413155110j:plain

こんにちは。

今まで何のこだわりもなかったのですが、最近、買い物にいくと文房具コーナーを見るのが、ちょっと楽しみになってきました。

すごいですね!種類の多さが!

そこで、蛍光ペンを買おうと思ったら、また種類の多い事!

見ていてとても楽しかったです。

で、今回、私が選んだ蛍光ペンがこれ!

ぺんてる ノック式蛍光ペン ハンディラインS

f:id:kakudookaeru:20190413155110j:plain

「わあ!!これ!キャップがなくならなくていい!!!」

最初の感想がこれでした。

この蛍光ペン、キャップがなくならないのです。

いや、そもそも「キャップ」がないのです!

「蛍光ペンってこんなのあったんだ~!知らなかった~!!!」

「ハンディラインS」の特徴
  1. ノック式でキャップ紛失の心配がない!
  2. カートリッジ式で経済的!
  3. 6色ある!
他の色もあります。

楽天市場: ノック式蛍光ペン ハンディラインS

Amazon: ノック式 ハンディラインS

この「ハンディラインS」は、カートリッジ式なのです!

だから、インクがなくなったら「さようなら~」ではなく、カートリッジのインクを購入すれば、本体に入れ替えて再び使えます!

「ノック式蛍光ペン ハンディラインS」使ってみました!

「ハンディラインS」の様子

f:id:kakudookaeru:20190413155119j:plain

ノックを押すと書く部分が出てきます!

f:id:kakudookaeru:20190413155113j:plain

ノックを押すと書く部分が中に入ります!

f:id:kakudookaeru:20190413155119j:plain

はい!たったこれだけ。

時短できる作業
  1. キャップを開ける
  2. キャップを置く 又はペンにつける
  3. キャップを閉める

ささいな事ですが、これらの作業が省けます。

さらに!
  1. キャップが机から落ちる。
  2. キャップがなくなる。(探す。)

という事がなくなります。

ムダな時間を1秒でも減らすという視点から見れば、いいかもしれません。

↓「ムダな時間を減らしたい」記事。 iroenpitsutoshiroikami.okashitoehon.com

f:id:kakudookaeru:20190413155113j:plain

ちょっとデメリットかな?
  1. ペン本体が少し太い。
  2. ノックが少し重い。

普通のボールペンに比べて蛍光ペン自体が太いので、ノック式にしたらさらに太くなったって感じでしょうか。

見た目がちょっと・・・太い・・・。

あと、

普通のボールペンに比べて蛍光ペン自体が太いので、ノックする事に少し重い感じがありました。

まとめ

f:id:kakudookaeru:20190413155110j:plain

「ハンディラインS」の特徴
  1. ノック式でキャップ紛失の心配がない!
  2. カートリッジ式で経済的!
  3. 6色ある!

蛍光ペン自体が若干太めですが、キャップがないため「キャップが机から落ちたり、キャップがなくて探したり、キャップを開ける・閉める手順」がなくなったりと、個人的には便利だなと思いました。

試しに「イエロー」を買って、試した所、よかったので他の色も買う予定です。

他の色も見もあります。

楽天市場: ノック式蛍光ペン ハンディラインS

Amazon: ノック式 ハンディラインS

また、カートリッジ式というのも気に入っています。

この他に、かっこいいペンも見つけて、ペンの色を自分でカスタマイズできる(ジェル?)ボールペンも一緒に購入したので、またその記事も書こうと思っています。

今回も、最後までお読みくださりありがとうございました。