【しまむらタオル比較】フェイスタオル2枚組!380円と580円の違い!

f:id:kakudookaeru:20190503221116j:plain

我が家では、しまむらの「CLOSSHI」の「2枚組フェイスタオル」を愛用しています。

2枚で580円です。

しかし、しまむらでは、これよりも安い3枚で380円で売っているフェイスタオルもあり、以前から気になっていました。

今回、試しに購入したので比較していきたいと思います。

今回、比較する商品2点

しまむらで購入した「2枚組フェイスタイル」

  1. 580円(CLOSSHIタグ)
  2. 380円(黄色いタグ)

f:id:kakudookaeru:20190503221140j:plain

左:580円 右:380円

「サイズの違い」「ヘムの違い」「綿の違い」「特徴」などの違いを書いていきます。

しまむらタオル「サイズの違いは?」

f:id:kakudookaeru:20190503221124j:plain

左:580円 右:380円

サイズ
580円 33㎝×80㎝
380円 34㎝×80㎝

商品タグに書かれている数字ですと、1㎝の違いですね。

若干ですが、380円の方が大きいようです。

お安い方が大きいです!

1㎝のみの違いですので、特にどちらを使っても気になりませんでした。

洗濯後のさわり心地の違いは?

f:id:kakudookaeru:20190503221140j:plain

左:580円 右:380円

洗濯後の写真はないのですが、個人的な感想だと、580円の方が若干ふんわり感がある感じがしました。

いつも、580円のフェイスタオルを使っていたので、380円のタオルで手を拭いた時に、若干いつもよりも薄い感じがしたので・・・。

ただ、380円の方がまったくふんわり感がないわけではなく、380円の方もふんわり感はあります。

ただ、580円の方が、さらに「ふんわり」していると思いました。

これは、感覚の違いもあるかもしれません。

しまむらタオル「綿の種類の違いは?」

f:id:kakudookaeru:20190503221140j:plain

左:580円 右:380円

どちらのフェイスタオルも綿100%なのですが、綿の説明に違いがありました。

綿の違い
580円 インド綿の無撚糸
380円 新彊綿100%

580円のフェイスタオルには、「インド綿の無撚糸」

380円のフェイスタオルには、「新彊綿100%」

と記載されていました。

同じ綿100%ですが、種類が違うので風合いも違うようです。

しまむらタオル「特徴の違い(タグの記載の違い)」

f:id:kakudookaeru:20190503221137j:plain

タオルの特徴
580円 綿100%・抗菌防臭・部屋干し対策
380円 綿100%

580円のフェイスタオルのタグには、たくさん特徴が書かれています。

580円のフェイスタオルのタグ
  1. ふんわり柔らか無撚糸使用
  2. 綿100%で優しい肌触り
  3. 吸収性
  4. 部屋干し対策

との記載があります。

マークは、「綿100%」「抗菌防臭」「部屋干し対策」の3つの記載がありました。

380円のフェイスタオルのタグ

それに対して380円のフェイスタイルの方は、特に詳しい記載はなく、

マークは「綿100%」のみでした。

タオルのヘムの違い

f:id:kakudookaeru:20190503221120j:plain

左:580円 右:380円

380円のフェイスタオルの方がヘムに斜線のような模様が見られます。

これは、好みによって分かれる部分かもしれませんが、個人的には580円のヘムの方が高級感がある感じがします。

最後に

f:id:kakudookaeru:20190503221116j:plain

いつも580円のフェイスタオルで満足していましたが、今回さらにお安い380円のフェイスタオルを使ってみて比較してみました。

やはり、お値段が高い580円の方が「ふんわり感」は上だなという印象でした。

しかし、380円の方がぜんぜん「ふんわり感」がないわけではなく、580円のタオルよりも若干薄く感じただけで、380円のタオルでも十分「ふんわり」していたので、これからは380円のフェイスタオルでもいいんじゃないかな?とも思いました。

今回は、580円と380円のフェイスタオルを同時に購入して使い始めたので、また何か月後にどれくらい使用感が出てくるか(ふんわり感がなくなってくるか)など見ていきたいと思います。

最後までお読みくださりありがとうございました。